インタビューInterview

中山 雅敬平成27年入社

お客様に喜ばれるものづくりが、やりがいに。

売り上げを管理し、料理の開発を行い、スタッフの教育・管理といった店長としての仕事は、半分経営者の感覚で取り組んでいます。

人には学ぶことが多くあると思います。しかも、社員の立場でそれができるのです。入社してすぐに、新業態店舗のオープニングに携わりました。開店後の一番大変な時期を乗り切ったことで、ある意味自信がつきました。その後、いろんな店舗を経験し、現在の店舗の店長になったのが、1年前。店のことすべて任されるプレッシャーはあるものの、例えば自分のアイデアで生まれた料理にリピーターがつくなど、お客様に喜ばれることで、何事もにも代え難い経験ができます

自分が主体的になって動くことで愛着のある店づくりに取り込むことができ、それが今の楽しみでもあります。

角 憲明平成21年入社

実力のある人材を育て、強い集団をつくりたい。

スーパーバイザーの立場として郊外店11店舗の「顧客づくり、料理づくり、社員スタッフ教育」を担当。土木建築業で11年、その後転職し、レストランや旅館など、さまざまな飲食店を経験。社長である前川の経営姿勢に共感し、ジョー・スマイルに中途入社しました。

経営やマーケティングを社長から学ぶ一方で“いかにやる気を引き出すか”をテーマに社員スタッフ教育に力を入れています。

飲食業は、時代に合ったお客様のニーズを読み解くことが求められます。ニーズを素早くキャッチし、すぐにサービスに展開させ、お客様の信用を勝ち取る強い集団づくりをめざしています。そのために、枠にとらわれない取り組みにチャレンジしていきたいと考えています。

社員一人ひとりのチャレンジを応援してくれる会社なので、働きがいがあり、新しい価値を生み出していくことも可能です。

川島 省吾平成19年入社

自分の可能性を見つけられる場所。

私は、大学生の時バイト生としてこの会社に入りました。約3年間のバイトを経験し、卒業後に「新入社員」としてお世話になる事になりました。私自身、大学生の時から夢も無くやりたい事もないダメ人間でしたが、この会社の上司の人達の熱い想い、夢を真剣に語る姿、良い意味で子供のような純粋な目に魅せられて、この会社の仲間になりたいと思う様になり入社しました。

何もない所からの出発、でも仲間が見守って、励まして、怒ってくれる。何も恐れずチャレンジできる、失敗しても成功しても一緒に分かち合える。そんな会社に出会えた事を感謝しています。今は、自分の野望を実現する為に毎日を楽しんでいます。

浦田 秀明平成23年入社

店長になるためには「やる気」と「実力」が必要です。

私の現在の目標は立派な店長になる事です。
店長になる為には「やる気」と「実力」が必要です。現在の私には「やる気」はありますが、まだまだ「実力」が伴っていません。一日でも早く「実力」をつけ一日でも早く店長になります。

話は変わりますが、ジョー・スマイルでは年に一度、社員研修旅行があります。研修先は日本だけには留まらず海外研修も行われています。今年(H26)は海外(韓国)国内(北海道・東京・山口・福岡・鹿児島・沖縄)研修先では、流行している店の視察、地域特産品の取引など料理に関する様々な事を肌で感じることが出来ます。

又、1週間のリフレッシュ休暇もあり、仕事だけでなく、プライベートも充実することが出来ます。とにかくやる気のある人は是非ジョー・スマイルに入社して下さい! 自分も含め社員一同大歓迎です。共に目標に向って頑張りましょう!!